• 万葉文化館について
  • 館内案内
  • 展覧会・イベント・講座
  • ご利用案内
  • 交通アクセス

スケジュール

休館日

2017年5月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

年間スケジュール

展覧会・イベント・講座詳細

展覧会館蔵品展「万葉の世界を旅する」

平成29年5月20日(土)~7月2日(日)

 このたび、奈良県立万葉文化館では、館蔵品展「万葉の世界を旅する」を開催します。

館蔵品展「万葉の世界を旅する」

 万葉文化館は開館にあたって、当時の日本画壇を代表する画家154名に『万葉集』をテーマとした作品の制作を依頼しました。現在「万葉日本画」として知られるそれらの作品は、画家が『万葉集』を読み込み、当時の人物や風俗、風景に対する様々な研究を行った上で描かれており、万葉文化館の中核的な収蔵品と言えるものです。
 万葉文化館にはこの「万葉日本画」を制作するにあたって作られた下図類が寄贈されています。これらの下図類からは、「万葉日本画」の制作過程の一端をうかがうことができます。本展覧会では、「万葉日本画」とともにこうした下図類の一部を展示します。本展覧会を通して「万葉日本画」のより深い魅力、ひいてはその源泉となった『万葉集』の魅力に触れていただければ幸いです。


主 催:奈良県立万葉文化館
会 期:平成29年5月20日(土)~7月2日(日)
会 場:奈良県立万葉文化館 日本画展示室
開館時間:午前10時から午後5時30分(入館は5時まで)
休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)

【観覧料】
 一般 600円(480円)
 大学・高校生 500円(400円)
 小中学生 300円(240円)

 ※( )内は20名以上の団体割引。
 その他割引はお問い合わせください。
ご利用案内はこちら

【イベント】
 学芸員によるギャラリートーク
 ※参加には、観覧券が必要となります。

 日 時:5月21日(日) 13:30~(要観覧券)
 会 場:奈良県立万葉文化館日本画展示室内

【交通案内】
 近鉄神宮前駅東口・飛鳥駅より周遊バス(かめバス)乗車
  >「万葉文化館西口」下車
 近鉄・JR桜井駅南口より石舞台行きバス乗車
  >「万葉文化館」下車
交通アクセスはこちら

浅野均《黄土色の恋》

高橋清見《やまぶき》

岡橋萬帆《飛鳥浄御原懐古》

ページトップへ