• 万葉文化館について
  • 「万葉集」とは
  • 「万葉集」と日本文化
  • 万葉古代学とは
  • 万葉文化館の案内
  • ご利用案内
  • 館内マップ
  • 交通アクセス
  • 研究
  • 万葉古代学研究年報
  • 共同研究
  • 研究員のコラム
  • 学芸員のコラム
  • 万葉百科(情報検索システム)
  • 万葉図書・情報室
  • 催し物
  • 展覧会
  • イベント
  • 講座
  • 教育・普及
  • 学習支援
  • YouTubeチャンネル

スケジュール

緑色 …

開館日
一般展示室、特別展示室、
図書・情報室、
ミュージアムショップ等

赤色 …展覧会開催日

紫色 …休館日

□ 枠(日付に下線) …講座・イベント開催日

2024年2月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

年間スケジュール

展覧会・イベント・講座詳細

講座第21回万葉古代学公開シンポジウム 「『万葉集』と道教・仏教・医学―超越的存在への憧憬と苦からの解放―」(お申込受付は終了致しました。)

令和5年10月22日(日)13:30~

第21回万葉古代学公開シンポジウム「『万葉集』と道教・仏教・医学
―超越的存在への憧憬と苦からの解放―」を10月22日(日)に開催します。

◇◆◇シンポジウム概要◇◆◇
奈良県立万葉文化館では、第13回奈良県立万葉文化館委託共同研究(令和3・4年度実施)の研究成果報告の一環として、下記のとおり公開シンポジウムを開催します。(実施方法は変更する場合があります)

第21回万葉古代学公開シンポジウム
「『万葉集』と道教・仏教・医学―超越的存在への憧憬と苦からの解放―」


令和5(2023)年10月22日(日)13:30~17:00 ※13:00開場

・「吉野 仙境とその周辺」   
  多田 伊織(大阪公立大学大学院 客員研究員)
・「万葉集に見える超越的世界の継承―畏怖と憧憬の視点から―」  
  永原 順子(大阪大学大学院 准教授)
・「沈痾自哀文と漢籍」
  髙田 宗平(中央大学 兼任講師)
・「万葉集と水江浦嶋子―玉篋と魂をめぐって―」 
  大形 徹(立命館大学 教授・共同研究代表者)ほか
・「万葉集と竹取物語―月と不死の薬をめぐって―」
  山本 優紀子(立命館大学 客員研究員)ほか
・「万葉集と竹取物語、浦島物語」 
  金 文京(京都大学 名誉教授)

【会場】奈良県立万葉文化館
 ※オンライン配信はありません。
【定員】150名〔要事前申込〕
 ※お申し込みの人数が定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。
【会場参加費】500円(資料代を含む)
 ※当日受付にて代金をお支払いください。
 ※資料は当日ご参加の方のみお受け取りいただけます。
【申込方法】往復ハガキまたは専用申込フォームによる事前申込(電話・メール・FAXは不可)

◇往復ハガキの場合◇
参加希望シンポジウム開催日と郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上、お申し込み締切日(9月28日)必着にて、下記の宛先までお申し込みください。
※お申し込みは、往復ハガキ1通につき、本シンポジウム1回分、1名様のみといたします。同一の往復ハガキで複数回、複数名のお申し込みはできません。

◆専用申込フォームの場合◆
以下の申込フォームから、郵便番号・住所・氏名・電話番号・メールアドレスを明記の上、お申し込み締切日(9月28日)の17:00までにお申し込みください。

 ★公開シンポジウムのお申し込みフォームはこちら★              

 
◇◆◇おしらせ◇◆◇
・申し込みフォームにはSSLを使用しており、入力情報は暗号化して送信されます。
・締切日までに申し込みフォームでお申し込みいただいた方全員に、当館より自動返信メールを差し上げます。メールが届かない方は、必ずお電話(0744-54-1850)にてお問い合わせください。
申し込み受付の自動返信メールは、参加を確約するものではありませんのでご注意ください。締切日以降にあらためて参加の可否についてメールにてご連絡いたします。

◇◆◇お申し込み・お問い合わせ先◇◆◇
〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
奈良県立万葉文化館「公開シンポジウム」担当
TEL: 0744-54-1850  FAX: 0744-54-1852
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌平日)

ページトップへ